不動産情報について書いていきます!

不動産情報menu

賃貸で損をしないために

地域密着の不動産会社を活用する

近年の不動産屋は、巨大グループを形成した企業が多くなっています。一般的に全国ネットワークであるため物件数も多く、インターネットを使えば簡単に希望物件を見つけられるでしょう。

言ってしまえば、どこにいても、全国の物件から物件を探し出すことができるということです。しかし地域密着型の不動産屋を利用するということでメリット得られることもあります。例えばオーナーの中には、地域密着型の不動産屋しか信頼しない人がいます。そういうところでは、巨大グループの不動産屋では入居者募集をしません。しかも、賃貸であれば、家賃が安価なこともあり、借りる側としては、大いにメリットを得られます。例えば千葉県の市川は物件豊富なエリアですが、売主様のご意向で掲載NG物件も数多くあります。これが世に言う「非公開物件」というものです。市川市の不動産会社・国栄ハウジングは、サイト内で無料のメンバー登録をするだけで、この非公開物件を公開可能にしています。物件の情報量が変わるので人気の市川エリアで不動産物件をお探しであれば、国営ハウジングのサイトに会員登録しておくことをお勧めします。やはり地元密着でで30年不動産業を営んでいる不動産会社なので、地元の優良物件情報は集まってくるのでしょうね。

また、最近では、入居に際し、厳密な審査が行われる傾向にあります。そのため、誰しものが希望物件に入居できるとは限りません。しかし、地域密着型では、確かに審査が行われますが、機械的というよりは、人間的と評した方が良いでしょう。事情を説明すれば、親身になってオーナーと掛け合ってくれます。あるいは、他の物件を紹介してくれることもあります。ある意味、ベタベタした人間関係を構築するようで、都会的ではないかもしれません。しかし、どうしても住まいが欲しいけれども、厳しい事情などがあれば、こういう人物評価をしてくれる不動産屋で探すのが、メリットを得られる可能性があります。

家具・家電つきマンションで初期費用を安く抑える

単身赴任などの限られた期間だけマンション住まいする場合、家具や家電をそろえる費用がもったいないと感じる人もいるでしょう。初期費用を抑えて手軽に引越ししたいなら、家具・家電つきマンションを選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。

家具・家電つきマンションだと、物件によって違いはあるもののベッドやダイニング、ソファ、カーテン、テレビ、エアコン、電子レンジ、冷蔵庫などが一通りそろっています。立地条件や広さが同程度の物件と比べると家賃は2~3割高めですが、家具や家電にかかる費用がゼロだと考えれば問題ないでしょう。入居時や退去時の荷物を減らせるので引越し費用や不用品の処分費用なども抑えられます。

Modern room nobody

効率よく物件を探すなら、不動産情報サイトを使うのがおすすめ。最寄り駅やエリア、間取り、築年数、駅からの所要時間などの他に「家具家電つき」という条件を設定して検索できることがあります。気になる物件があるならWEB上から空室状況を問い合わせたり、電話で内見予約をとったりするといいでしょう。内見をする際は備え付けられている家具や家電のチェックをしておくと安心。テレビ台やライティングデスクを造作家具として設けている場合、部屋のレイアウトが変えにくいかもしれないからです。

また家具や家電が破損、故障したときのことを考慮し、修理や交換費用について契約前に確認しておきましょう。ふつうに使っていて壊れた場合、契約書で付帯設備となっていれば大家さんの費用負担になります。一方、こちらの故意や不注意で壊した場合はこちらが費用負担します。さらに設備外になっている家具や家電については破損や故障の際に大家さんの費用負担で撤去されますが、新しいものは設置されません。そういったものは自分で用意する必要があります。

一般的に、半年~2年程度暮らすのであれば家具・家電つきマンションを借りた方が費用を抑えられます。もし半年以内なら家具・家電つきかつ敷金や礼金のいらないマンスリーマンションを契約するのも1つの手。ミスタービジネスのマンスリーマンションは家具や家電はもちろん、調理器具や食器といった生活に必要なものを80品目取り揃えています。鞄1つで新生活が始められるのはありがたいシステムです。このように、場合によっては違う選択肢をとった方がお得になる可能性もあります。家具・家電つきマンションを借りるなら、暮らす期間なども考慮しましょう。

賃貸物件を安く借りるためには

賃貸物件を安く借りる上で重要なことはうまく交渉をすることにあります。
交渉をする際に安くしてくれるよう頼むだけでは意味がありません。
貸す側からしても良い印象を抱くことはありません。
交渉では家賃の支払い能力があることと、連帯保証人がすでに決まっていることなどを担当者に伝えておくことが重要です。
担当者に信用をしてもらうことが交渉の第一歩になります。

また、値引きしてもらいやすい物件かを見極めることが必要になってきます。
新築の物件や人気エリアの物件、キャンセル待ちの多い物件を値下げすることは難しいでしょう。
値引きしてもらいやすい物件にはいくつかの特徴があります。

まず、同じ建設内に空き部屋が多い物件です。
空き部屋が多いということは担当者も値下げに応じても賃貸したいと考えるからです。
同じような理由から長期間空き部屋が多い物件や、築年数が古い物件が狙い目であると言えるでしょう。
他にも駅からバス便の物件というのも交渉の価値があります。
バスを必要とするというのはあまり良い条件ではないので交渉次第では担当者が応じる可能性は大いにあります。
これらの条件は確実なものではありませんが、挑戦してみる価値は十分あります。

このような賃貸物件を安く借りるこつの小冊子など配布していたのが、神戸で賃貸物件をメインに不動産業を営まれていたハウスプランニングという不動産屋があります。
借りて側に立ってアドバイスをくれる不動産会社はそれほど多くないので、そういった不動産屋をみつけたら色々相談にのってもらってもいいかもしれませんね。
その後さすがに人気になり神戸市内に4店舗持つほどまで現在成長されたようです。

いずれにせよ安く借りるコツや、お得感の高い不動産業者を見つけることも安く借りる上では重要なことです。

駐車場を安く借りるためには

駐車スペースを備えていない賃貸住宅に住んでいるか、持ち家に住んでいても駐車スペースのない車保有者にとって、駐車場をいかに安く借りることができるか、ということはかなり重要な問題となります。

駐車場の使用料にはかなりバラつきがあるので、うまく安い所を借りることができるか、それができずにやむを得ず高い賃料を払って利用せざるを得ないか、によってそのコスト負担が相当に違ってくるからです。

たまたま自分の住居の近くに、運良く安く借りられる駐車場があってくれればいいのですが、そうでない場合には、そうした所を探すのにかなり苦労することになったり、かなり遠方にある安い所を利用せざるを得ないということになったりします。

そうした場合には、やはり駐車場に関する情報をいろいろと集めて、安い所を探すということになるでしょう。
近所に住んでいて、駐車場を利用している人に当っていろいろと聞いてみる、というのもそうした情報収集の手段です。

また今では、駐車スペースを運営している各種の企業がインターネット上にその情報を掲載して、利用者を獲得しようとしのぎを削っていますから、そうした情報を積極的に活用することで、うまく安価に利用できる駐車スペースを獲得することができるかもしれません。